読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大屋だけど歩(あゆみ)

時期や積み荷の量、あるいはどこまで運ぶのかの差異によって引越しの相場も変わります。出来るだけ出費を抑えて格安引越しをしたい方は、まずは色々と情報を集めて目安になる相場を分かっておく必要があるのです。その上で、ここで業者の見積もりを比較検討してみて、一般的な相場より安くてサービスもセットになっている業者を選ぶのが後悔の少ない引っ越しの方法だと思います。予約を入れて、引越し作業を依頼しておいた場合、前日や当日という直近になって、急にキャンセルすることによって、引っ越し業者からキャンセル料金を請求されてしまいます。業者は、実は見積もりを出す時に、どういった時にキャンセル料金が発生するかを説明することになっています。ですが特に口頭で説明しなくてもいいので、書面での提示だった場合は書類を読まずにいると、キャンセル料についてわからないままになりますので、業者に予約を入れる前に、キャンセル料がいつ発生するか確認しておくと良いでしょう。
作業を順調に終わらせる計画性も、引越しにおいては大切ではありますが、何と言っても気になるのはいかに費用を安くするかということでしょう。


思いもよらない出費が続いたりして、推定していた予算をあっという間にオーバーしてしまうこともあります。出来るだけ安く見積もってもらえるかどうかがポイントですから、複数の引っ越し業者に一括で見積もりをお願いできるサイトを利用して、一番安価でサービスの良い業者を見付けるのが良いと思います。よく言われることなのですが、引越し費用のうちで、高くなりがちなのが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。



取り付けも取り外しも、素人には難しく、専門業者に工事してもらうのが普通ですから、エアコン取り付け一台につき約1万円ほどかかるようです。


引越しのオプションとして、業者にエアコンのことも頼んでいる場合は安い値段になるようですが、新居にエアコンを運んだのはいいけれど、設置の段取りはしていなかった、という場合は取り付け工事をしてくれる業者を探して頼むか、いっそ転居先で新しく購入してしまうかどちらが安く済むか、また手間がかからないか、十分検討するべきです。いろいろな引越しの進め方がありますが、最近多いのは、引越し業者に梱包、運搬などすべてを任せるタイプのものです。
良心的な引っ越し屋さん
ですが、業者が大型家具や家電などを運んでいたら、作業を、なるべく近くで見守りましょう。



もしも、業者の人がそんな荷物を取り扱っている間に壊したり、傷をつけたりすると、業者は補償を行なうことになっているわけですが、確実にその傷が引っ越しによるものなのかどうか自分でわかっておく必要があります。


特に大きめ荷物を運ぶ時に注意しておきたいことですが、傷つきやすい木製家具や衝撃で壊れやすい家電には傷をつけたり、壊したりしないようにすることでしょう。
せっかくの新居ということで購入したおしゃれな家具などは、ぜひ、クッションになる毛布などを家具に巻き付けたりして用心深く運ぶようにしたいものです。新居にピカピカの家具、となるとワクワクしますが、運んでいる途中で傷だらけにしてしまうと、イヤになってしまったかもしれません。

引越しにより、いろいろな事務手続きが必要となってきます。
中でも特に重要度の高いものとしては運転免許証と車庫証明ではないでしょうか。運転免許証は、登録住所を新しい住所に、変更してもらわないといけませんが便利な本人証明書という側面も大きいこともあって、すぐに手続きを済ませる人が多いのです。

でも、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。


車庫証明登録のし直しは、免許証と同じで、警察署でできます。なので、どちらも大事な手続きですし、同時に済ませてしまいましょう。これで何度も足を運ばずに済みますよ。

アパートなどの借りていた部屋から引っ越す時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。管理会社から、担当者が来て、部屋の隅から隅までチェックしてきます。これを終わらせたら、晴れて退去、となるのです。
全てに当てはまるわけではありませんが、公共料金の精算は全てきちんと済ませておかないといけませんし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。


なんらかのサービスをしてもらった時にチップを出す、という習慣は、かなり馴染みのないものですが、しかしながら、引越しの時には、そうしたお金を渡す人が多いです。引っ越し作業という大仕事をしてくれる作業員にお礼の気持ちをこめて、心付けを渡したり、また、ペットボトルの飲み物や食べ物を渡す場合もあります。


ご存知の通り、差し入れも心付けも、必要ないものですが、作業をする方からすると、もらえるのは正直なところありがたい、と思うそうです。

子供が生まれる前の事、夫婦二人暮らしをしていた時に新しく購入したマンションに、住まいを移すことにしたのでした。

いよいよ引越し日を迎え、運送作業が進みましたが、ずっしり大きいテーブルがあって、分解可能な筈でしたが、思ったようにいかないので、仕方がないので、その形のまま運んでもらったら、高い値段ではなかったものの、追加料金を請求されてしまいました。

見積もりを出してもらった段階で追加料金が発生する可能性や、その条件について、尋ねておけば良かったと思います。